介護福祉士・看護師を目指すなら【学校法人六日市学園 六日市医療技術専門学校】当学園では、即戦力が求められる医療の現場で活かせるスキルを身につけることができます。

qrcode.png
http://mgakuen.ac.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 
032011
 

学園ブログ

  • HOME  > 
  • 学園ブログ
 
フォーム
 
介護の日のイベント開催しました!!!
2016-11-21
  昨日11月20日(日)12時より、益田市市民学習センター多目的ホールにて、介護の日関連イベント「介護福祉士養成校発。介護の未来を大発見!2016」を開催しました!
 
 事前の予報では悪天候も予想されましたが、なんとか天気ももってくれ、多くの方にご来場を頂くことが出来ました。
 当日はウェルカムカフェからはじまり、映画「つむぐもの」の上映、そして「地域で暮らすを支える」をテーマに介護についてのトークセッションなどを開催しました。
 今回のイベントの目玉は映画つむぐものの上映と同映画の監督である犬童一利氏にも来益いただけたことです。監督には上映前のフリートークから、舞台挨拶、上映後のトークセッションまでお付き合いいただくことが出来ました。
 映画つむぐものは福井県丹南地域と、韓国扶余市を舞台に、介護を縦糸に、伝統工芸・日韓関係という複雑なテーマも織り込み、“人間らしく生きることとは”、“人と人との関わりとは”、など普遍的なテーマを問う作品です。当日ご覧頂いた皆様からの感想にも、涙した、心から身にしみたという感想も頂いています。わざわざ松江から観覧に来ていただいた方も何人もおられたようです。本当にありがたく、感謝申し上げます。
 続いてトークセッションでは本学の学生4名と犬童監督、島根県からも高齢者福祉稲田課長にもご参加いただきました。直前に上映した映画つむぐものの場面と重ねながら、介護についての思い、他職種から見た介護についてなど、それぞれの立場から様々な視点から掘り下げることが出来ました。パネリストして参加していただいた4名の学生の皆さんからも実習や日々の実践の経験にもとづき、大変深みのある立派なコメントで、犬童監督からも大変素晴らしかったとお褒めいただきました。
 さて、犬童監督は今回が初めての島根とのこと。全国各地での上映イベントで大変ご多忙にも関わらず、12時から16時半のイベント終了までほとんど全てにご参加いただき、介護への熱い思い、メッセージを届けていただきました。イベントに参加いただいた皆様にもこの映画に込めた監督の熱い思いが伝わったのではないかと思います。監督の次回作はもう決まっているということ。次回作の公開を楽しみにしたいと思います。その時はぜひ又島根に起こしいただくことを期待したいと思います。
 
 最後に今回のイベントの準備でご協力いただいた学生の皆様、ありがとうございました。かなり無理なスケジュールで最後には「臨機応変」を合言葉にしましたが、その場その場での創意工夫で乗り切ってくださいました。六日市学園生の底力を見せていただきました。本当にありがとうございました!!
 私たち六日市学園としてもこのイベントを一過性のものとせず、介護の魅力を伝え、介護に未来をつむぐ介護人材を排出できるよう頑張りたいと思います。今後とも何卒よろしくお願いいたします。 
 
11月20日、介護の日のイベントやります!
2016-11-19
 11月20日、介護の日のイベントが近づいてきました。この間学生の皆さんには実習やケーススタディーの合間を縫って遅くまで残ってパネル展示や装飾の準備にご協力をいただきました。教職員の皆さんも仕事の隙間を見つけての準備でかなりヘトヘトのご様子です(^_^;)。
 当日は映画つむぐものの上映館と、同映画の監督犬童一利様にもお越しいただくことになっています。山陰中央新報さんに取り上げていただいたりと、宣伝にもかなり力が入っています。学園祭がなくなって以来久しぶりの全校あげての大きな行事といえるのではないでしょうか。
 ぜひ11月20日は益田市市民学習センターへお越し下さい!時間は12時から!!皆様のお越しを心よりお待ちしています。
 
秋深し
2016-11-16
 吉賀町周辺の紅葉は今がピークとなっています。心なしか去年より色鮮やかな気もします。
 一日一日と深まりゆく秋の歩みと併せて各課の最終学年のみなさんもいよいよ締めの時期にやってきています。
 昨日・今日と二日間で看護科のケース発表会が開かれました。残念ながら写真がないので載せられませんが、看護科3年生のみなさんにとってはこれまでの集大成です。うまく発表できたのでしょうか。また写真が手に入れば載せたいと思います。
 
七力祭り
2016-11-12
   今日は吉賀町七日市地域のお祭りである七力祭に参加してきました。七力祭はもともとは七日市小学校の文化祭としてスタートしたもののようですが、近年は七日市地区の小中高等学校、専門学校に加えその他の地域の団体が数多く参加した盛大なイベントになっています。
  われわれ六日市学園ブースは、介護に関連した体験メニューが中心です。本校山崎先生のミニコンサート、車椅子体験、輪投げ、ヒューストン安全吹き矢、ヘイヘイカウボーイと小さなお友達から大きなお友達までみんなで楽しめるメニューを取り揃えました。
さてヒューストン安全吹き矢は昨年も紹介したのでおくとして、ヘイヘイカウボーイは説明が必要でしょう。正式名称はラダーゲッター。ヒモでつながっている2個のボールをラダー(ハシゴ)に向かって投げ、ボールがラダーに引っ掛かるとポイントになるというニュースポーツです。学生さんたちが5月に参加したウォークラリーで体験して面白かったということで、吉賀町教育委員会さんに道具をお借りして取り入れてみました。
  おかげさまで特にヒューストン安全吹き矢とこのヘイヘイカウボーイのコーナーには猛烈な勢い(^^;;で子供たちが殺到し、存分に楽しんでもらえたようです。学園ブースにお越しいただいた皆様ありがとうございました!
昨年は介護の日のイベントとして出展しましたが、今年は学園有志での参加となりました。実習中の忙しい中にもかかわらず駆けつけてくださった学生の皆さんには本当に大感謝です。
  昨年始めて、今年2回目、そして引き続き来年と今後も継続して参加させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします!!
 
駅伝大会!
2016-11-01
  この前の日曜日、毎年恒例吉賀町駅伝大会に参加してきました。
第12回の今年の大会は23チームが参加。今年は各科各学年ともに実習やケーススタディ作成で例年以上に忙しく一時は参加が危ぶまれましたが、在校生だけでなく、卒業生、教職員のご家族にもご協力いただき、昨年に引き続き2チームを編成することが出来ました。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。
 さて今年出場した学園チームは特徴のあるチームを編成となりました。1チームはかなりのガチ仕様チーム。若手からベテランまでの猛者をそろえ、なかには区間2位になった選手も!チームとしては23チーム中9位と過去三年間で最高の成績でした。すばらしい!!
もう1チームはバラエティチームという編成。バラエティチームは走りの方はさておき、皆仮装して走り、大会を大いに盛り上げました。この活躍で来年はバラエティ賞ができるという話も!?
途中若干のアクシデントはありましたが、なんとか無事に大きな怪我無く大会を終えることが出来ました。六日市学園チームは来年も続けて参加したいと思います。今年参加でいなかった方、来年こそは参加するぞという方はしっかりと準備をお願いいたします。
 最後に今年もすばらしい大会を組織してくださりました吉賀町教育委員会の皆様、今年も美味しい豚汁を用意してくださりました公民館の皆様、ありがとうございました!
<<学校法人六日市学園 六日市医療技術専門学校>> 〒699-5521 島根県鹿足郡吉賀町真田1120番地 TEL:0856-78-1232 FAX:0856-78-1231